NPO横浜大学
心理学トップページ
ピアカウンセラーとは
心理楽講座
痩身学
講師紹介
よくあるご質問
授業風景 参加者
料金 認定
アクセス 概要
御申込 お問い合わせ
講座スケジュール
団体名
特定非営利活動法人NPO横浜大学
認 証
神奈川県指令県総第1104号
代表者
山本 真己
住 所
〒221-0844 
横浜市神奈川区沢渡2-2 第二泉ビル3F
電 話
045-321-4580
FAX
045-548-3002
メール
npoyokodai@yahoo.co.jp

「参加者の感想」と「授業風景」

12

●中里美喜さん
(OL)

コミュニケーション能力向上、自分に自信が持てるようにと、この心理コミュニケーター講座の参加を決めました。
今までは「聴く」ことを重視したコミュニケーションをしていました。「話す」「伝える」も、同じぐらい大事だと改めて知ることができました。講座を受ける前は「講座時間が長く感じるのではないのか」そんな心配をしていましたが、あっという間に過ぎていきました。講座をもっと、長くしても良いのではないかと思います。今後の講座も是非、参加したいです。様々な体験学習で新しい気づきを頂きました。ありがとうございました。

●外山貴美子さん
(日本アメニティライフ協会)

今回、「心理コミュニケーター講座」と「心理ピアカウンセラー講座」を受講させてもらった。心理コミュニケーション講座の初めのワークはドキドキしましたが、ワークを終了すると緊張がとれた。集団のワークでは協力すれば、なんとかなるものだと驚いた。その目的は、楽しむこと、イライラしないこと、人間関係を壊さないこと、なんとステキなんだろうと思った。バラエティに富んだ講座内容と実習、ワクワクして楽しかった!たくさんの人との出合いとワークが私の視野を広げ、協力することの醍醐味を教えてくれたと思う。出逢えた人すべてに感謝したい。 マッキー山本の心理カウンセリング講義は必見です!! 座学ではむずかしそうな心理療法も、マッキーの身振り手振りで、分かりやすく、気持に入ってきた。その上ワークがあって、楽しかったので、さらに学びを進めようと、意欲も湧いてきた。冷めた時代がクローズアップされる中、マッキーのような「熱い人」に逢えて嬉しかった。Go!Go!チーム・マッキー! 最後に良くやってくれた、スタッフの村木さんにも感謝です。

●栗原 千恵子さん
(夢咲來~ゆめさくら~自然療法士)  

今回、本当にパワフルなマッキー山本様のピアカウンセラー資格認定講座に参加させていただき、娘と友人、そして私自身…大・大・大感動致しました。解放感満載の講座で、納得、明確、わかりやすい、カウンセリングに対する制約が解除されました。今後益々、ピアカウンセラーの必要性を実感しました。そしてこれまでの自分の行動は、まさしくピアカウンセリングだったこと、自分自身について納得しました。イメージワークの体験は大変心地よくて、ピアカウンセラーと自分、娘が重なって、涙ぐむほど感動しました。3ヶ月後の自分が明確にイメージできてビックリ! なんだかワクワクしてきました。カウンセリング演習は、とにかく楽しい! 気づきがいっぱいでした。最後に行われた親睦会では、幾つかあった疑問点も聞けて益々納得。様々なことがクリアになり、とにかく安心しました。今福先生ともお話ができ、大変わかりやすく、最後まで楽しかったです! 今回の受講をきっかけに、今後益々、自分らしいポジティブ・カウンセリングができそうです。今福先生、スタッフの村木さん、参加者の皆様にも、心からお礼申し上げます。

●高野百合加
(セラピスト)

今回、突然の飛び込み参加にも関わらず、温かく迎えて頂いてありがとうございました。マッキーさんのお話し…というか、パフォーマンスが面白すぎて、あっという間の一日でした!心理学やカウンセリングは勉強したことがない初心者の私でも、楽しく学べました。知識に偏りがなく、いろんなやり方があっていいんだという、広い視野が嬉しかったです。イメージワークの時の音楽と安らかな声、通常のパワフルな声とのギャップが、流石だなと思いました。カウンセリングでは、37メソッドを全て意識しようとするよりも、自分でこれをやってみようとピックアップして取り組んだ方が効果的だったかもと、質問した後で思いました。マッキーさんのキャラと人柄のおかけで、楽しくて和気あいあいとした空気が最大の魅力でした。アロマの香りとサザンのオルゴールも心地よかったです。こんな風に幾つになっても楽しく学び合い、より豊かな心と生活になっていく場は、今後ますます必要だと感じました。そんな場の作り方にも興味があるので、ぜひ色々と教えて頂きたいです!素敵な一日を、ありがとうございました。

●吉岡世施夫さん
(小田原市役所勤務)

コミュニケーション能力と言われると、自分の考えをいかに充分に伝えるかが重要だと思っていましたが、全く違っていました。コミュニケーション能力は自分が主ではなく、コミュニケーションの受け手(つまり相手)がどう受け止めるかを予測し、相手の立場に立って理解しやすいように受け取ってもらえる方法を実践する力でした。まさに、コペルニクス的な発想の転換でした。今後も「心理ピアカウンセラー講座」「心理プレゼンテーター講座」と継続して御世話になろうと思っています。講座、ありがとうございました。今後とも、宜しく御願いします。

●加藤夏代さん
(医療法人勤務)

心理コミュニケーター講座に続き、山本先生の汗と涙の結晶のような、「心理ピアカウンセラー講座」に参加させて頂きました。多くの学びを得ることが出来、本当に幸運だと思います。複数のメンタルエクササイズにも心が動きました。瞬時も貴重な場面とし、真剣に対峙されている山本先生のパワーに、心が開かれ、こみあげてくるものもありました。 先生の格言で「仲間とは、気づき、傷つき、築くものである」、この言葉に大きな元気をもらっています。受講してから変化が起こり、良い意味での気の緩みを感じています。また、感受性が高まってきたせいか、敏感になっている自分を実感しています。課題をやりながら、涙がでてきたりします。山本先生の情熱に触れて、本当に良かったです。この講座を自分の中に生かして、これからも頑張っていきたいです。素敵な仲間との出逢いもあり、感謝しています。先生、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

●吉田絵美さん
(行政勤務)

私は仕事柄、1つ1つのテーマについて、ぼんやりとではあるが知っていたものの、講座に参加したことで、その知識を体験することができた。大変貴重な機会でした。身につけるのは、これから実践していくことでの話と思いますが、ここまでひとつの狙いについて、じっくりとワークで体験できたことが一番の財産かと思っているところです。その点では、山本先生ならではのオリジナリティあふれる内容だったので、大変満足しています。また、この間の大震災の発生で、ピアカウンセリングの重要性を感じる機会にもなりました。講座等で教わったことを実践しようとしたものの、正直なかなか上手くいきませんでした。しかし講座で得たことは、これから少しずつ役立つことは、間違いないはずです。人と話す、話しを聴く時、いろいろ考えるようになりました。私自身が改めて学ぼうと思えるきっかけ、動機づけをしてもらえたような機会です。自分自身を知ることから始められたのが、とても良かったです。まだまだこれからですので、また機会を見まして、講座に参加させていただきたいと考えているところです。ありがとうございました。

●志賀由紀恵さん
(看護師/介護老人福祉施設勤務)

心理コミュニケーター講座では、様々なワークが体験でき良かったのです。シェアリングが少々難しく感じましたが・・・。これまでも色々なワークの経験はありますが、プレゼンワークがとても新鮮でした。始めは上手くできなかったワークが、他人の行動を参考にしながら回を進めることで、なんとか形になりました。非常に頭を使った感じがして、今までにない疲れがありました。嫌な疲れではなく、充実の疲れといいった感じです。あれを日頃からやっていけば、様々な対人対応に活かされると実感しました。その他、得られたものは、「表現する言葉を選択する」ことや「相手にきちんと伝わっているか」を考えるようになったことです。子供(や大人)がキレるのは、自分の気持ちや考えを表現する言葉を出せないので、もどかしい気持ちを暴力や暴言にしてしまうのだと思いました。

●木村真奈美さん
(不育そだってねっと/横浜支部)

ピアカウンセラー養成講座を受講させて頂き、ありがとうございました。私は、心理楽を理解してコミュニケーションに役立てたいと思い、まず、心理コミュニケーター養成講座を受講させてもらいました。良い講師、良い講座で出逢えたと思えたので、ピアカウンセラー養成講座にも参加させて頂くことにしました。1日講座は長いかな、と思っていましたが、日常に役立つ内容でしたので、楽しく集中して学べました。非常に時間が短く感じました。内閣府でだしている「自殺対策網」は初めて知りました。今後も心理楽の勉強を続けて行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

●小島史子さん
(介護グループホーム勤務)

最初は友人より心理楽講座の話を聞いて、「心理学」でなく「心理楽」、何? でも違和感ではなく、むしろ親しみを感じました。「楽」とは楽しみながらという事? 音楽? どちらにしても、前向きな響きを感じました。初回のコミュニケーション講座は、とにかくワークが楽しく、バーバル、ノンバーバル、アイコン、スマイルなど、印象的な講座が多くありました。これまで色々な講座を受けてきましたが、初めて経験するような内容ばかりです。全体を通して、本当にこの講座は「心理楽」の名のごとく楽しめて、これからの自分のプラスになると思います。また、山本先生が講座内で少し教えてくれた「ピアカウンセリング37メソッド」は、非常にわかりやすく、具体的で助かりました。ピアカウンセラー養成講座も、ぜひ参加させて頂きます。宜しく御願いします。

●小関真史さん
(茅ヶ崎学童保育の会)

私は今、学童保育で働いています。職場を楽しくする為の、コミュニケーション能力をつけたいと思い、この講座に参加しました。講座の最後に、複数の人が輪になり、この講座のシェアリングをしました。皆さんの話を聞く中で、改めて、色んな体験をして、色んなことを学んだと実感しました。コミュニケーションの技法もそうですが、人の違い、自分の思いの確認、話すことの大切さを感じました。今回で積極的な人間に生まれ変わったかというと、正直そこまでにはなりませんが、一歩踏み出したことは事実です。これからも心理楽を学びたいと思います。東日本大震災チャリティ講座にも参加しますので、宜しく御願いします。

●大宮淑子さん
(主婦)

心理学?最初は難しそうだなと思いながらも、私は人前で話すのが大の苦手なので、苦手意識を克服できれば良いなと思って参加させていただきました。私は心理学の講座は初めてなので、別世界のように思えて、周りの人が優秀で勉強している人ばかりに見えてしまいました。ワークを重ねていくうちに、他の受講生の方とも打ち解けて、一緒にワークをしてお互い理解が深まり、とても楽しい時間を過ごせました。山本先生のお話しもとても楽しくラクに聞けました。講座の最後に、ワークでご一緒だった人から「自分では人前で話すのが苦手に思っているようだけどそんな事ないよ、今回突破口になったんじゃない」と言われた事がとても嬉しく、印象に残っています。今回、山本先生の講座に参加させていただいて本当に良かったと思っています。 それからもうひとつ 嬉しかった事は大好きな仲間ができたと言う事です。今ではその仲間と一緒にもう少し勉強していきたいという気持ちでいます。山本先生 スタッフの皆さん 本当に有り難うございました。又、これからもよろしくお願いします。

●田中久美子さん
(ボランティア活動)

今回コミュニケーター講座に参加させてもらった。人前で話すことが苦手なので、対外能力を養いたいと思い、この講座に参加した。エンカウンターのシェアリングは非常に難しい。親密度、信頼度が大きく関係すると思っている。あるいは性格によるものかもしれない。いずれにしても、自分にとっては、課題である。傾聴訓練は、より効果を望むのであれば、最低一名はオブザーバーが欲しい。聴きながらの観察は、気が散りうわの空になってしまう。内容と時間のバランスは、私にとっては再考の余地アリと感じた。要するに時間の割りに盛り沢山ということ。もう少し、じっくり身に付けたかったというのが、正直な感想。印象的だったのは、初回のワークで、相手と良い繋がりを持てた事。HPでこの講座に引き寄せられて、結果、方々に引き寄せられた。素敵なパワー満載の嬉しい講座だった。これからは、ストレスマネジメントを軸として、福祉分野での支援などの活動をしていきたい。

●村木安希子
(NPO横浜大学スタッフ&断食ヨガ道場責任者)

「心理コミュニケーター養成講座」と「心理ピアカウンセラー養成講座」を受講させて頂きました。コミュニケーター講座では、様々なコミュニケーションの体験が出来て、時間が過ぎるのが早く感じました。脳ミソの色んな箇所を使ったような気がします。自分自身では聴く事よりも、話すほうが苦手なんだと、明確にわかりました。コミュニケーション凝縮講座といった感じで、人と関わることや繋がることの楽しさを感じました。ピアカウンセラー養成講座は、深みを感じました。2つの講座は、どちらも山本代表が講師を務めましたが、雰囲気が違っていました。大震災あとということもあり、本気が伝わってきました。代表が「人生の集大成となる講座」といった意味がわかった気がします。途中のワークでは、涙が出そうにもなりました。是非ともたくさんの人に山本代表の本気を感じて頂き、日本にピアカウンセラーの数が増えて、温かく自殺の少ない国になれば良いと思います。ワークで御一緒だった皆様、本当にありがとうございました。

心理学トップページ ■心理楽とは ■心理楽講座 ■痩身学講座 ■ディプロマ講座 ■講師紹介 ■よくあるご質問 
授業風景/参加者 ■料金/認定  ■アクセス/概要 ■御申込/お問い合わせ ■個人情報保護方針 ■ご利用規約